Archi.etc

Architecture & Things

建築

【FM通信】トイレのリアルタイム計測ツールが必要な背景と導入メリット

FM通信では、海外のFM(ファシリティマネジメント)に関するニュースを1本取り上げ、要点と考えたことをお伝えします。 当エントリの最後では、建築実務者に役立ちそうな英語表現をニュースから拾って紹介しています。 ファシリティマネジメントとは? 企業…

カメラのレンズのように光を調整する建物。フランスの「アラブ世界研究所」|あーきてくてく

ことりっぷ連載「あーきてくてく」では、パリのセーヌ川沿いに佇む「アラブ世界研究所」について書かせていただきました。 機械のなかに迷い込んでしまったかのような建物内は、美しい光が差し込む幻想的な空間でもありました。 「これぞパリ!」といった一…

けんちく目線で見てみよう!趣ある川越の町並みと一緒に楽しみたい「ヤオコー川越美術館」

今回は埼玉県の川越市から、こぢんまりと佇む美術館を紹介いたします。 あまり大きく取り上げられることはありませんが、僕の大好きな美術館のひとつ。 蔵造りの町並みと一緒に、ぜひお楽しみください。

けんちく目線で見てみよう!平日の朝一にこそ行きたい「根津美術館」

僕の大好きな「根津美術館」について書きました。 noteでの連載第1弾。まずは、以前イケダハヤトさんのマガジンで連載していたものを加筆・修正のうえ公開としています。 けんちく目線からの紹介をとおして今まで知らなかった根津美術館に触れていただけると…

見て、聴いて楽しめる岩の教会。フィンランドの「テンペリアウキオ教会」|あーきてくてく

今回ことりっぷさんでの連載「あーきてくてく」では、フィンランドのヘルシンキにある岩の教会について書きました。 テンペリアウキオ教会と名付けられた、自然の荒々しさと経年劣化する銅のなんともいえない雰囲気を味わうことができる少し珍しい教会です。…

TAJIMA社製の最高級メジャーALUMINISTの毎日撫でざるを得ない格好良さについて

世界で最も格好良いメジャーをご存知ですか? 一般的には、部屋や家具の大きさを測る際に重宝するメジャーというプロダクト。 コンベックスやスケールとも呼ばれ、建築の仕事に関わる方であれば欠かすことができないツールのひとつです。 ホームセンターの工…

風通しのよい建築のために。新しい目線を育てていく2018年のこと

2018年を迎えました。このブログを読んでくださっている方へ、明けましておめでとうございます。 1年間の海外暮らしを2017年の大晦日に終えました。学び多き2017年の経験は今後の自分にとって、大きな糧になると思います。 2017年に感じたことや暮らしについ…

ウイスキーの魅力に楽しく触れられるダブリンの小さな蒸留所「ティーリング・ウイスキー蒸留所」|あーきてくてく

今回ことりっぷさんでの連載「あーきてくてく」では、ダブリンにある小さなウイスキー蒸留所について書きました。グラスに注がれたウイスキーはまるで宝石のようでした。 co-trip.jp

転職成功のための視点と悩みに迫るインタビューを行いました|建築転職ストーリー

建築・建設・不動産業界での転職相談サービスを行うフリーランチさんのメディアにて、実際にサービスを利用して転職を行った方へのインタビューを行いました。 全4回のインタビューを通して、転職活動においての悩みや成功させるために必要な視点・考え方に…

アイルランドで今やっていること、これからのこと少し

昨年末にアイルランドにきてから、早いものでもう7ヶ月が経とうとしています。滞在は1年間の予定なのですでに折り返しを迎えたことになる。 妻と一緒にお互いの国から毎日更新している「9hours」の数字を見ると、もうこんなに日数が経ったのかあと、時間の早…

建築の楽しさに触れられるやさしい建築本10冊

建築というと難しい顔をしながら腕を組んで考える、そんな分野に捉えられがち。専門家同士の会話はときに格好良いものですが、その間口が広がるともっと素敵なことが起こるはずだ。 これは、僕が「今」とそして「将来」につながる行動を起こすテーマの1つで…

広場で行われるフードマーケットと一緒に楽しみたい「ギャラリー・オブ・フォトグラフィー」|あーきてくてく

旅メディア「ことりっぷ」さんの連載が更新されました。 今回のテーマは「写真」です。フードマーケットと一緒に楽しむのにうってつけの「ギャラリー・オブ・フォトグラフィー」。アイルランドの芸術文化を発信する施設が、観光地の喧騒の裏でひっそりと佇ん…

ダブリンで最も広い公園内の、歴史ある動物園「ダブリン動物園」|あーきてくてく

旅メディア「ことりっぷ」さんの連載が更新されました。 今回は、ダブリンが誇る動物園「Dublin Zoo」について書かせていただきました。思いのほかマニアックな動物もいて個人的に大興奮でした。

けんちく目線で見てみよう!「ギネス・ストアハウス」|箱庭

ウェブマガジン「haconiwa」さんでの連載が更新されました。 今回は、アイルランドで生まれた、僕も大好きなビールとそれにまつわる建物について。ダブリンでいちばん高い場所からの絶景、そしてそこで飲む一杯をお楽しみください。

行きつけにしたいカフェバーのある小さな映画館「アイリッシュ・フィルム・インスティチュート」|あーきてくてく

旅メディア「ことりっぷ」さんの連載が更新されました。 今回は、行きつけにしたいカフェバーのある、小さな映画館についてご紹介をさせていただいています。僕が今、いちばんクールだと思っている場所です。

ダブリンの街中で、ゆったりと芸術を楽しむ「アイルランド国立美術館」|あーきてくてく

by Benson + Forsyth Architects type - cultural client - Board of Gvernors and Guardians of the National Gallery of Ireland commissioning agent - Office of Public Works design-completion - 1996-2002 budget - €25m site area - 1,750m2 buildin…

ことりっぷさんで、アイルランドの素敵な場所をお伝えする連載が始まりました|あーきてくてく

本屋さんの旅行コーナーに行けば、手に取ることができる「ことりっぷ」。どこか遠くへ行くとき、旅先のタイトルを手に取り、旅行をともにするその一冊は旅先案内人であり、もう一人の旅のパートナーといってもいいかもしれません。 その本を携えていて心地い…

けんちく目線で見てみよう!「公立はこだて未来大学」|箱庭

新年一発目の箱庭記事は、北海道は函館市にある「公立はこだて未来大学」について。 おもえば1年以上も連載をさせてもらっている箱庭での「けんちく目線で見てみよう!」ですが、箱庭の皆さまはもちろん、この連載を続けるにあたり本当に感謝している方がい…

建築写真を撮るということ

取材やプライベートを通して何百、何千と撮ってきた建築の写真。 そしてそれがきっかけで建物の竣工写真の撮影を請け負うようになりました。 ふと思い立ち、ここでは建築写真を撮るなかで僕が意識していることについて、文章に残しておこうと思います。 改め…

建築系プロジェクトマネジャーが大切にすべき目線と考え方について

「建築の仕事」というと一般的には、設計や現場監督といった職種が取りあげられることが多い。 しかし、広く語られる以上に「建築の仕事」には多くの職種が存在し、ひとつの建築工事が行われるとき、いろいろな役割をもった人たちが関わります。 それら多く…

けんちく目線で見てみよう!「アクアマリンふくしま」|箱庭

今回、WEBマガジン「箱庭」では、とある水族館について書かせて頂きました。 子供の頃から大好きな水族館。とても楽しい取材となりました。

けんちく目線で見てみよう!「国立西洋美術館」|箱庭

ウェブマガジン「箱庭」では、国立西洋美術館について書かせて頂きました。 ル・コルビュジエって結局、どんな人なの? 国立西洋美術館ってなにがすごくて、世界遺産になったの? このあたりの答えについて、できるだけ分かりやすく書きました。

けんちく目線で見てみよう!「南小国町役場」と僕が思うこと|箱庭

こんにちは、タナカユウキです。 今回、WEBマガジン「箱庭」では、熊本県のとある町役場についてご紹介をさせて頂きました。 さて、今回の箱庭記事ですが、素敵なご縁がありライターとして参加させて頂いた、WEBメディア「ジモコロ」主催の熊本震災支援ツア…

けんちく目線で見てみよう!「ONOMICHI U2」と僕が思うこと|箱庭

今回、WEBマガジン「haconiwa」で書かせて頂いたのは、かつての海運倉庫が生まれ変わった素敵な建物について。 その幅広い活動に目が離せない建築家・谷尻誠さんによる「ONOMICHI U2」です。 以下、思うことなど。 さて、今回は【別冊】を書かなかったかわり…

けんちく目線で見てみよう!「とらや工房」|箱庭

こんにちは、タナカユウキです。 今回、WEBマガジン「haconiwa」では、日本が誇る和菓子の老舗「とらや」の素敵な工房について書かせて頂きました。 本編は下記から、別冊はさらに下のほうからどうぞ! 別冊はこちらになります。今回の別冊は、ちょっとした…

けんちく目線で見てみよう!「museum as it is」|箱庭

こんにちは、タナカユウキ(@y_tanakarchi)です。 今回、WEBマガジン「haconiwa」では、建築家・中村好文さんによる小さな美術館について書かせて頂きました。 本編は下記のリンクより、【別冊】については、さらに下のリンクよりどうぞ! 【別冊】は、こち…

けんちく目線で見てみよう!「風の丘葬斎場」|箱庭

タナカユウキ(@y_tanakarchi)です。 今回、WEBマガジン「haconiwa」では、大分県の「風の丘葬斎場」という建築について書かせていただきました。 また、今回の【別冊】はお金を頂戴することなく読めるようにしています。ご興味がある方は、下のほうのリン…

一級建築士に最短25歳で合格するための勉強法とお勧めの道具|設計製図編

一級建築士取得のために何年もの時間を無駄にしていませんか?一級建築士に最短25歳で合格した体験をもとに、ストレートで合格するための考え方やお勧めの製図道具、時間を浪費しないための効率の良い勉強方法について丁寧に解説いたします。

けんちく目線で見てみよう!「神奈川県立近代美術館」|箱庭

どうも、タナカ(@y_tanakarchi)です。 今回、「haconiwa」で書かせて頂いたのは、とても思い入れのある美術館について。 美術館が2回続いてしまったけど、どうしてもこのタイミングで書いておきたい建物でした。 下のほうに書かせて頂きましたが、今回から…

一級建築士に最短25歳で合格するための勉強法と考え方|学科編

あなたは、一級建築士取得のために何年もの時間を無駄にしていませんか?一級建築士に最短25歳で合格した体験をもとに、ストレートで合格するための考え方や、時間を浪費しないための効率の良い勉強方法について丁寧に解説いたします。