Archi.etc

Architecture and Things

【高知】後世に残したいトースト、帯屋町の老舗喫茶店「ラ・メール」

声を大にして勧めたいお店について。
5N2A6533
高知県は帯屋町、最寄り駅から少し歩いた通りの一角に長い歴史をもつ老舗喫茶店があります。

「ラ・メール」という名前のその喫茶店は、そこで出されるトーストがあまりに美味しく、食べた瞬間に「これは絶対に後世に残ってほしい」と心から思いました。

5N2A6536

その存在を知ったのは、いつか読んだ雑誌がきっかけでした。

このお店が掲載されたページの切り抜きを、もう何年も保管していて、先日やっと伺うことができました。

5N2A6544

こちらは、「リンゴジャムとカマンベール」のトースト。

王林を使ったというリンゴジャムの酸味と、軽いけどコクのあるマスカルポーネチーズとの相性が抜群でした。

食パン上部、半円の部分のパンは、ザラメ砂糖が敷かれたトーストとラスクの中間のようなもので、これがまた絶品。

上にのっている茶色いものはカカオの豆を砕いたもので、ザラメの甘さとカカオの風味がとても良く合っていました。

さて、本命は次のトースト。

5N2A6548

「イタリアチーズとマスカルポーネ」というこのトーストは、チーズが塗られたパンの上にグレープフルーツをのせ、さらにブラックペッパーとピンクペッパーを振りかけたというもの。
 
常連のお客さんに「イタリア、ひとつ」と注文されていたのが印象的でした。

これがもう何年も食べたいと思っていたトーストで、味もとっても美味しかったです。

5N2A6555

チーズのまろやかさとグレープフルーツの酸味。そこに香辛料の風味が加わることで、初めて食べる美味しさでした。

味が重いわけでもないし、量が多いわけでもない。

でも、もっと食べたい!というよりかは、丁寧にゆっくり食べてじんわり心とお腹が満ちるようなトーストでした。

5N2A6542
 
この日はホットコーヒーと共に頂きましたが、他にも気になるドリンクメニューが。

5N2A6541
 
常連さんの会話の絶えない店内は、初めて行っても居心地の悪さは全く無くて、お店全体が優しい空気に包まれていました。

お年を重ねられたオーナーご夫婦の人柄もあり、ゆったりと過ごすことのできるその雰囲気に虜になりました。

ここで食べるトーストも、お店も、後世にしっかりと残っていってほしいなぁと心から感じました。

以下、かんたんなお店の情報です。

店名:ラ・メール
住所:高知県高知市帯屋町1-14-18
休み:火曜日