Archi.etc

Architecture & Things

フィンランド旅行で訪れたい美味しいコーヒーと居心地の良さを堪能できるカフェ3店|ヘルシンキ

国民ひとりあたりのコーヒー消費量で、世界で3本の指に入るフィンランド。

ただコーヒーが美味しいだけでなく、提供されるケーキや店内の居心地という目線で見て素晴らしいカフェがたくさんありました。

このエントリでは2週間ヘルシンキに滞在し、カフェを巡った経験から選りすぐりの3店舗をご紹介します。

なお、ご紹介している3店全て店内wifiありクレジットカード利用可能ですので、ご安心ください。

圧倒的な居心地の良さ。美味しいケーキとローカル感が堪らない「Sävy」

ヘルシンキの中心地からは歩いて30分ほど、地元民で賑わう一店。

ケーキなど焼き菓子のクオリティが高く、店員さんの接客も申し分がありません。

ヘルシンキ内では治安の良いとされる地域にあり、たとえばエアビーを使って滞在される予定であればこのカフェの近くに滞在されるのをお勧めします。

僕自身、このカフェから歩いて2分ほどのアパートに滞在しましたが、朝一番にここでコーヒーを飲んでから歩いて街に向かっていく暮らしはただただ最高でした。

▶︎Kahvila Sävy - ホーム | Facebook

 

お勧めは店内奥のソファ席。豆の焙煎所が併設された「KAFFA ROASTERY」

滞在中、コーヒーがいちばん美味しいと感じた一店。

お洒落な雑貨屋さんの店内にお店を構えており、買い物と一緒にカフェ滞在を楽しむことができます。

カフェ店内には焙煎所が併設されており、コーヒーへのこだわりは強い一店といえます。

写真奥にあるソファの座り心地が最高で、長居も比較的気軽にできるのが嬉しいところ。コーヒーのレベルの高さと居心地の良さが共存する素晴らしい一店です。

▶︎KAFFA ROASTERY - Kahvipaahtimo Punavuoressa

 

個人的ヘルシンキNo.1カフェ。吹き抜けのある明るい店内とサービスが素晴らしい「Ipi Kulmakuppila」

大きな窓から注ぐ光と、大きな吹き抜けによる店内の空間はまるで外にいるように明るく、居るだけで気持ちよくなってしまう一店。

ベンチ形式の席は座面の奥行きがあり快適で、写真に写っているデザイナー・深澤直人さんによる椅子はずっと手で撫でていたい滑らかさをもち、滞在しているだけでも満足してしまう空間が特徴です。

人気のランチビュッフェはお腹がいっぱいになりながらも、ヘルシーなチョイスなので、旅疲れてお腹の空いた女性がおもわず食べ過ぎてしまっても安心。

ちなみにこのお店のコンセプトとして、健常者と発達障害をもたれた方が同じ空間で働かれています。

そういったオーナーの思想も素敵で、店員さん同士で手を取り合って陽気にお店を運営されている様子がとても気持ちよくて、僕はすっかりこのお店のファンになってしまいました。

▶︎Ipi Kulmakuppila |

 

以上、厳選した3店をシンプルにご紹介しました。この記事を読まれた方のヘルシンキ滞在がより素敵なものになれば、僕は嬉しいです。