Archi.etc

Architecture and Things

「横須賀美術館」山本理顕設計工場

IMG_5494

神奈川県は横須賀市の「横須賀美術館」。

少し時間がかかりますが、おすすめは最寄駅から海沿いの歩道を約50分かけて、歩いて目指すこと。
東京湾を眼下に、他に何もない道を歩き続けた先、ふいに現れる美しいガラスの外観に心を奪われます。


丸い窓が所々にあけられた真っ白の建物を、ガラスがさらに覆う二重構造のつくり。
外側を覆うガラスは、鉄でできた内側の建物と展示された作品を、潮風による傷みから守ります。

地上からは想像できないほど、地下に建物が広がっていて、足を踏み入れてからの内部の開放感に驚きます。

真っ白の躯体に設けられた丸窓。そこから海を渡る船が見える窓、レストランで楽しそうにしている人たちが見える窓など、個性のある窓たちが点在しています。
風景を切り取るための窓はそれ自体がまるで絵画のよう。


屋上への螺旋階段を上るさなか、外側のガラスを支える構造材を見ることができます。重いガラスを、軽やかに支えているように見せる。
これを実現するため、構造材を細くするかわりに、力を伝えやすい三角形状を用いたトラス構造や、部材を配置する向きで担保しています。


屋上に上がると、正面は一面の海。そして周りの三方は山で囲まれていて、自然の気持ちよさをしっかりと味わえる大空間に。
建物の正面に気持ち良く海が一望できるのは、目の前の電線と電柱を地中に埋めることを受け入れた行政の協力もあってこそ。

IMG_5493
余談ですが、この美術館に併設されたレストランで出るチーズケーキがこれまた絶品。
リコッタチーズを使っていて、生地に多めに含まれた水分量が絶妙で、味も最高でした。
歩き疲れたら海の見えるテラス席で、ぜひ。